株式会社山陽

 

NOTE

プルアップレザー③ ~染料編~

前回、前々回と、色をつけていない無着色の場合のプルアップレザーについてお話ししてきました。いかがでしたでしょうか。

自然なままの革はそのままで十分に魅力的なのですが、その素材に色が加わることで新たな魅力が増してきます。今回は色の付いたプルアップレザーをご紹介します。

革に色をつけるためには、革の仕上げ段階で「オイル」「ワックス」「バインダー」「染料」を混合した液体を革に浸透させています。

この中の「バインダー」とは染料を革に接着させる働きを持っている結合剤で、これがある事で染料が革の中に染み込んでいきます。また「オイル」「ワックス」が入っているので、革の表面が引っ張られた際に、地の色が現れ立体感やまだら模様が現れてきます。

 

また、この時のベースの色と仕上げに加える染料により、プルアップした際にさまざまな効果がみられます。面白い効果も楽しむことが出来ます。

これまで3回にわたり「プルアップレザー」という革についてご紹介してきました。
私も「プルアップ」という言葉を初めて聞いた時には、折り目が白っぽくなるという理解でしかなかったのですが、今回ご紹介するにあたり深く知っていく中で、『動き(変化)』があり、楽しめる革である事を強く感じました。またその動きも、圧力をかけない状態にしたり、熱を加えることで元に戻るという性質もあり、いろいろな革製品づくりにも活かして頂ければと思います。

本日はここまで。
また次回に。


山陽のプルアップレザーにご興味を持っていただきました方は、お問合せページからご連絡ください。ご相談からでも問題ありません。お待ちしています。

株式会社 山陽 お問合せページ

  • Facebook
  • Twitter

CATEGORY

LATEST

CONTACT

革の製造をご依頼の方はこちらから。
その他、レザーにまつわる、さまざまな
お問い合わせを受け付けております。